VANS DUCT TAPE INVITATIONAL Ericeira, PORTUGAL

VANS DUCT TAPE INVITATIONAL Ericeira, PORTUGAL

 

(Viaggio欧州波文化探訪の途中ですが、先日ポルトガルで初めて開催された求道者ジョエル・チューダーが主催するバンズダクトテープインビテーショナルの模様を急遽お送りいたします)

ポルトガル随一のサーフタウンエリセイラで行なわれたダクトテープ。サーフィン界のカリスマジョエル・チューダーが立ち上げたこのスタイリッシュなイベントもすでに10年を迎えようとしている。男女16名ずつの招待選手のみでヒートは行われ、スタイルを極めた滑りを見せたものが、その栄冠を手にすることができる。

エリセイラのダクトテープ

大会前日、会場ビーチ近くにあるサーフキャンプには続々と招待選手たちがやってきた。バックヤードで行われたオープニングセレモニーではスケボーのコンプリートキットがそれぞれに配られ、みんなで楽しそうに作り上げていた。ビールと地元ポルトガルのワインとピザで乾杯!セレモニーは夜遅くまで続いた。

サーフキャンプのオープニングセレモニー

嵐のため1日順延となった予選が始まった。ヒートの合間にはライブシェイピングやミュージシャンによるライブも行われ、観客たちは大いに盛り上がっていた。スタイルを魅せた選手たちがクオリファイされ、初日のビーチイベントは終了した。夕刻、白と青を基調とした美しい街並みのエリセイラのタウンにあるショップ、マジッククイーバーでサンセットに合わせフィルムイベントが行われた。サーフィンの歴史を振り返ることができる貴重なフィルムにみんな釘付けになっていた。昔は漁村であったこの街では、レストランで新鮮なシーフードがBBQスタイルで地元のワインとともに楽しめる。

ポルトガル ビーチイベントのライブシェイピング

夜も更け翌日に迎えたレディースのファイナルでは安定したノーズライドを決めたブラジルのクロエ・カルモンが、またメンズファイルでは誰よりも長いハングテンで終始MCのジョエルを唸らせていたハワイのカニエラ・スチュワートがそれぞれ栄冠を手にした。

ダクトテープ レディースファイナル ポルトガルのサーフィン レディース サーフタウン・エリセイラでのメンズファイナル

「次の世代に何かを」とインタビューで語ってくれたジョエル。クラシックスタイルの美しさを再びこの世に蘇らせた男の眼差しは、優しくもあり鋭くもあった。こんな素晴らしいイベントを是非日本に、との僕の願いも近々叶えられる日が来るかもしれない。

ジョエル・チューダー主催のバンズダクトテープインビテーショナル

メンズ優勝のカニエラは17歳。今回初のダクトテープ選出となったトシュ・チューダーは14歳。あどけない表情からは想像もできないパフォーマンスを、レイデイとなった初日にスーパーチューボスで見せてくれた。海だけでなくスケボー、ダンス、サッカーゲームと時間も選ばず楽しそうに遊んでいたのが印象的であった。

ダクトテープ優勝のカニエラ

サーフィンにも時代の継承が必要だと、自らの心の内を明かしてくれたジョエル。彼と同じように僕たちにも何か役割があるのかもしれない。子供たちに伝えられる何かが…

FIN

サーフィン界のカリスマが立ち上げたダクトテープ

VANS DUCT TAPE PORTUGAL

詳しくはBlue. vol.78最新号にて…

http://www.blue-mag.com/

Photo: 330photogalleries
Instagram: @330photogalleries

Text:  JUMBO
Instagram: @jumbomax69

Written by Hideki Jumbo Sakakibara
Instagram : @jumbomax69
Wed, 17 July, 2019