Laid-back vol5 Scottish surf and whisky

Laid-back vol5 Scottish surf and whisky

 

グラスゴー中央駅は僕が想像したものよりずっと大きく、僕が期待したものよりずっと騒々しかったが、既に何杯かのウイスキーに揺られていた僕にとってはどちらもあまり気にならなかった。アイラ島へのフライトは3時間後。で、あるならば、坂を上ってまずは老舗パブ「ポットスティル」へ。タリスカー10年のオールドボトルをドラムでオーダーしつつ、スコットランドとサーフィンの関係について適当に、あくまで適当に、そして程よく散文的に考えてみる。

The Pot Still

スコットランドにもいくつかサーフィンのスポットが存在する。Machrihanish、Corldingham,そしてThurso サーフシーズンは4月~10月、しかしながら当然寒く、冷たい。でも、全く問題はない。なんと言っても世界最高のウイスキーがあるし、世界一不味いと言われているハギスもある。(僕はそこまで嫌いではないけれど)

サーフィンに戻ればO’Neill CWC (Cold Water Classic)という大会も開かれている。意外かもしれないが、スコットランドとサーフィンは想像よりも仲良しなのだ。もしかしたらスコットランドとイングランドよりも仲良しかもしれない。

スコットランド料理 ハギス

 

そしてScottish Surfing Federationももちろん存在する。僕は個人的にこの団体が好きだ。インスタグラムのフォローもしている。何故かというと、この連盟のアートディレクションがとても気に入っているからだ。押し出し過ぎず派手過ぎず。色使いも良いし、何よりデザイン全体が骨太でScottishの気概を感じている。(あくまで個人的にではあるが)

いつか、どんな形でも良いが、彼らと仕事がしてみたい。もちろんミーティングの前にはサーフィンをしてウィスキーを飲んで、そしてハギスをつまみながら。

Scottish Surfing

出典 Scottish Surfing Federation

 

Written by Tsuyoshi Tahara
Tue, 23 October, 2018