Keep Paddling Vol.7 道

Keep Paddling Vol.7 道

 

最近、親(37歳)子(5歳)で空手を始めた。自分自身が小学生の頃少しやっていて、いつかまたやりたいなあという漠然とした思いと、子供が少し甘えん坊状態で男らしくせねば、という思いが重なり合っての行動であった。すると半年足らずで、一人称が「自分の名前」から「俺」になり、食べられなかったカレーライスを盛り盛り食べるようになり、師範にご指導いただくと相手の目を見て「押忍、恐縮です」ときちんと返答できるようになった。私自身も、今まで見て見ぬ振りをしてきた己の未熟さ・弱さを痛感し、謙虚になり心身ともに鍛えたいなと自発的意識が芽生えるようになった。人間的な「強さ」とは奥が深いなと。

柔道、剣道、空手道。「道」とつく名の武道は、とてもいい。礼儀が身につき、肉体的にはもちろん精神的に鍛錬を積み人間的成長を促してくれる。

なぜだろうと考えた。

そこにはきっと「歩み」の「積み重ね」があるからだろう。最初は何もなかった場所に、誰かが歩き始め、失敗し、知恵を絞って乗り越えてようやくでき始めるのが「道」。そこで感じたこと、うまくいったこと、苦労したこと。先人たちの英知が結晶となり、濃縮還元された技が引き継がれていく。だから、先人たちやその道を作ってきた全ての人へのリスペクトが生まれ、礼節を持って感謝をするのだろう。そして、また人に伝えていく。「道」は素晴らしい循環を生んでいる。

ヨーロッパサーフィン

少し前置きが長くなったが、同じような「道」的感覚が「サーフィン」と「ヨーロッパ」にも共通するなと強く感じたのがこのコラムの発火点である。

「サーファーへ 100の言葉(エイ出版)」に代表されるように、レジェンドサーファーたちの発する言葉は人生哲学そのものだ。

例:
「Flow with it, be part of it.(流れに身を委ね、その一部となる)」 ジェリー・ロペス
「乗るべき波を見逃してはいけない。その波は人生最後の波になるかもしれない」 アルビー・ファルゾン
「経験してみなきゃ何も分からない。頭で考えているだけじゃだめさ」 ジョン・ペック

外国人にどのように説明するか難しそうだが、仮に「サーフィン道」というものがあるとすれば、間違いなく「道場訓」として、書した言葉が同上に掲げられるであろう名言が散りばめられている。

そして、ヨーロッパの文化もまさに「道」そのものではないだろうか。長上を敬い積み重ねてきたもの・時間に対する美徳・そこに新しい感覚もしっかり重ねていく文化。建築、食、アート、どれをとっても魅力が奥深いのはアメリカやオーストラリアには絶対的にないだろう。どちらがよい悪い、いうことでない。それほど時間や歴史というのは普遍的で不可変的であるということである。

サーフトリップ

世界中で最も古い文明をそのまま伝えているのは「日本」だそうである。それはとても高貴なこと、だと。(引用:世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?山口周著:光文社新書)

大島紬、螺鈿細工、浮世絵、春画、神輿、森羅万象、八百万の神、多神教。
どれをとっても長く継承され、世界中から視点を変えて評価されてきた日本の伝統文化・思考。どのカテゴリーにも、想像を遥かに越える「道」があって今があるのだろう。

僕らが日本人として「サーフィン」と「ヨーロッパ」に惹かれる理由は、ごくごく自然なことなのかもしれない。

スケートとサーフィン

だから、僕らも少しでも多くの「道」を受け継ぎ、時には新しい未来につながる「道」を作っていきたいと改めて思う今日この頃であった。(ハイスタよろしく、Making the road。猪木&一休和尚よろしく、「この道を行けばどうなるものか〜〜〜〜〜〜迷わず行けよ!」)

押忍。

Keep Paddeling,

 

Written by Syunsuke Kimura
Tue, 31 July, 2018