From Europe Vol.7 Saudade of Portugal Surf, Lisbon

From Europe Vol.7 Saudade of Portugal Surf, Lisbon

 

「大航海時代に外国の門戸を開けた。今は自分たちが外国人に開放する番」

答えてくれたのは「Lisbon Crooks and Surfers」(リスボン クルックス アンド サーファーズ、以下リスボンクルックス)。リスボン中心地から少し離れた場所にLX factoryという昔の印刷工場をリノベーションした複合ショップ施設がある。小さなブランドや、味だけでなくインテリアにも気を使った飲食店が多く入居する、リスボンクリエイターたちの集合体。その施設の4階にリスボンクルックスはLX factoryができた当時からアトリエを構える。ハンドシェイプのオリジナルサーフボードや、オリジナルTシャツ、その他グッズなどを作りながらも「自分たちはブランドではない」という彼ら。ちなみにそのアトリエ内にはJumboさんの写真(by 330photo)が飾られていた。去年バルセロナで開催された「SURFCITY FESTIVAL」でブースが隣同士だったことが縁で知り合ったとのこと。Jumboさん、ヨーロッパの行く先々にこのお方の足跡があります。さて、話を戻すとリスボンクルックスのウェブサイト(http://www.lisboncrooksandsurfers.com)からもわかるが、彼らはリスボンエリアはもちろん、昨今のポルトガルサーフ事情をユーモアと風刺たっぷりに表現している。リスボンクルックスは疑問にこう対応してくれた。

リスボンクルックス

− ポルトガルサーファーについて

思ったよりポルトガル人サーファーを見ることができませんでしたが、あなたたちはウェブサイトでこう説明しています。
“In the last 5 years surfing as been growing in popularity not only as a sport but also as the lifestyle it represents”
(※出典 http://www.lisboncrooksandsurfers.com/surf-portugal/ )

そこでサーフィンが生活の一部になっているポルトガル人はどこにいますか? またポルトガルにサーフカルチャーはあるのでしょうか?

「サーフカルチャーはリスボンやポルトなど都市にあるといえるでしょう。(サーフタウンである)サグレス、エリセイラ、ペニシュの場合は、外国人がその一部を担っています。しかしポルトガル人サーファーの数は増えています。ただ私たちは他のスポーツも愛しています。例えばフットボール。私たちのサーフカルチャーは他の国のそれと違います。例をフランスにとるならポルトガルのサーフカルチャーはとても小さく、まだ日が浅い。そして私たちはサーファーである前にオーシャンラバーなのです」

オーシャンラバー

— 南西コースト(アルガーヴエリア)について

南西コーストでは北ヨーロッパナンバーをつけた大型車が多数停車し、彼らは旅行者というより居住者のよう。彼らによるヒッピーコミュニティが存在し、それはサーフカルチャーの1つのようにも思えましたが、ポルトガル人らによるものとは別物。それについてどう思いますか? “ウェルカム”なのでしょうか?

「AlgarveやAlentejo(アレンテージョ、Algarveとリスボンの間のエリア。ここも海岸沿いが自然保護地域になっている)といったエリアは70年代からすでにジャーマンヒッピーがいました。ポルトガルはすべての人を歓迎します。そして長く滞在しているサーファーの彼らはすでにローカルであり、同時に探検家として見なされます。ポルトガル人ローカルと外国人の間にはいいヴァイブスといいエネルギーがある。その理由は同じ目的を持っているから。自由に生き、波を楽しみ、人生に喜びを見いだし、味わうこと。40年前からバンで生活する人やキャンパーたちが到着し始めましたが、確かにここ3年ほどでその人口は増えています。それ自体はノープロブレムです。ただローカルへのリスペクトを忘れず、自分たちのゴミをちゃんと管理するのがベター」

アルガーヴ サーフ

— 外国人に対して寛容

フランスで生活している身からすると、ポルトガル人はとても外国人に対し親切でやさしいと思いました。ポルトガルの人たちは外国人を迎えることに慣れているのでしょうか?

「はい、一般的にポルトガル人はとてもホスピタリティがあり、フレンドリーです。私たちは大航海時代において、いろんな大陸にある諸外国へ最初に到達した人類です。日本にも1540年に到達しました。(今は逆に)全ての人がウェルカム。リスペクトの姿勢を示す限り、ポルトガル人と同じように扱われます。ポルトガルでは誰がどこから来たなど関係なく、訪れた人はみんなリラックスでき、安全で、そして快適に過ごせる国です。私たちポルトガル人はいつも外国に興味があり、そしてどうしてポルトガルに来ることを選んだのか、それが知りたいのです」

ポルトガル サーフィン

— ポルトガルの物作りについて

Made in Europeを掲げる小さなブランドが増えていますが、産地はポルトガルです。そのことからMade in Portugalの小さなブランドに会えることを期待していていましたが、あまり叶いませんでした。工場や技術はあるのに、ローカルブランドが少ないのはなぜでしょうか。そもそも意欲はあるのでしょうか? それともやりたくても難しい理由があるのでしょうか?

「ブランドを作るのは難しい。なぜならポルトガルには十分な資本金がなく、国内マーケットは小さい。だから(作ったとしても)ブランドの成長はあまり見込めません。しかし私たちは優秀な工場を北部にたくさん持っています。状況は今、現在で変わっている最中ともいえますが、私たちの国の経済事情は以前悪い状態のまま。そしてポルトガル人はお金を持っていたら、それはほぼおいしい食べ物とワインに消えてしまいます(笑)」

ポルトガル 料理

— ポルトガル人らしさ、生きがいとは

少ない機会ですがポルトガル人と接触するなかで、あなたたちはとても優しく、自己犠牲の精神を持ち、誠実だと思いました。スタイルやカルチャーは、その時代の風潮が大きく関わっていると思います。そこで、今のポルトガル人の人生観、生きがいを教えてください。例えばフランス人だったら「(どんな手を使おうが)そのときを楽しむこと」です。断然に!

「ポルトガル人の目的はいい人生を送ることです。グッドライフとは友達がいて、愛のある日常を送り、自分たちのしたいことをすること。家族はとても大切な要素の一つ。仕事もそうでお金を稼ぐことはハッピーですが、それ以上に時間の方が大切です。私たちは知っています。ポルトガル人が経済的に裕福になることはないということを。けれど、友情と愛情に満ちた生活を豊かなものとし、そう送れるように日々を過ごしています」

ポルトガル サッカーゴールと板

【答えてくれた人のサーファーとしてのプロフィール】

名前 :ALFREDO
サーフィン歴:30年以上。8歳でボディサーフィンをしたとき、波に恋してしまった。それ以来の付き合いになるけど、未だに学んでいるし毎回恋に落ちている。初めてのときのように。
最近の愛用ボード:浮かびさえすれば全てのボードが愛すべき存在。
海上がり、真っ先に食べたくなるもの:Salty kisses (原文回答ママ)

このやり取りのあと、リスボンで話したあるローカルサーファーのセリフが思い出された。「ポルトガル人はかなしさが大好き! もちろん楽しいことや嬉しいことも大好き。だけどかなしさが大好きなんだ! ファドを聞いて泣く。みんな泣くよ。そうやって自分たちが抱えているかなしさを放出するんだ」。

その内容をにわかには信じられず、その後に会った他の人に聞いたりもした。かなしいことが好きですか? とは聞けなかったが、ファドは実際に聞くサーファーはいた。そしてそれは女性より男性が多い、というか聞くと答えたのは男性のみだった。

ポルトガル サウダージ

総括。サウダージポルトガル

フランス・ビアリッツに戻ってきてからのこと。ここでポルトガルについて行ったことのあるサーファーと意見交換をした。すると彼女はポルトガルの魅力についてこう言った。「ポルトガルには自分の居場所があると思えた。以前ボルドーに住んでいたことがあったけど、そこで自分の居場所は見つけられなかった。同じフランスなのにも関わらず。でもそれがポルトガルではただのトリックなのに居場所を感じたの。不思議。それで好きになった」。

彼女の言葉には全面的に納得できる。他の人も同じ感想を持っている可能性が高い。だからポルトガルにハマってしまうのだろう。

自分の居場所を見つけやすいのは、ポルトガルが外国人に寛容な土地であるということが大きいと思うが、しかしときに“聞かれれば笑顔で応じるが、自分からは求めない”という他者に無関心な様子も受け取れた。またポルトガルにはどこか全体的に“将来の可能性へある程度の見切り”や“昔へのノスタルジー”というムードが漂っているとも感じた。リスボンや、リスボンから上のエリアへ行くと歴史的建造物、中には巨大で立派な世界遺産登録のものが突然現われる。大昔に築かれた栄華は今でも形に残されている。それが昔の栄華と現代の状況を自然と比較させ、ままならない現在に何かの感情を抱くことになるのか…。それはあくまでも妄想の範囲だが、言っている人も実際いるように、ポルトガルやポルトガル人がかなしい、哀愁のようなものを持っているのは感じた。サウダージ。

ポルトガルライフ

しかしそこには暗さがない。それは太陽のおかげかもしれない。空気も乾燥している。湿気を帯びているのは人だけだ。特に男性。ただし、それがポルトガルらしさと言えるのかもしれない。そのポルトガルらしさが今後サーフスタイル、カルチャーへともっとビジュアル化されるようになるとしたら、それは大変興味深い。

長く綴ってしまったが、これはあくまでも今回の旅から出た見解。ポルトガルが実際はどんなところかはみなさん各々が確かめてみてください。サーファーにとって波天国。損はしません。悪天候のときに旅をしてもそう思える希有なところ。ぜひ海沿いをクルマで駆け抜けてみてください。夏場は大混雑、それ以外の時期にも来る人は増え、確かにラッシュ状態のようですが、でもまだスペースは残されています。ポルトガルでは“自分の波”が見つかるはずです。

Written by Michiko Nagashima
Fri, 22 June, 2018