Vol.4 San Sebastian, Spain

Vol.4 San Sebastian, Spain

スペイン、サン・セバスチャン。

この街の名前はサーフスポットとしてよりも“美食の街、バル発祥地、飲んだくれの天国・・・”などといったグルメに関するキャッチコピーの方が一般的には知られているかもしれない。その理由は行ったことのある人ならよくわかるだろう。石畳の路地が残る旧市街、その400m四方に満たないほどのエリアに立ち飲みバル(レストラン併設も多い)が密集する。その数は有に100を超え、繁盛店であれば人が道にまで溢れ出て、軒先でワインをかっくらいながらピンチョスと呼ばれる小皿料理をむさぼり楽しんでいる。
石畳の道と石造りの建物からなる旧市街はひんやりと、チャコールグレー色が強いが、その色がまた酒と美味いものを愛する人たちのほんのり上気した頬の赤みを際立たせる。そこのコントラストから成る雰囲気は独特で、かつ陽気。通りすがるだけでも楽しめる魅力的な雰囲気だ。肝心のバルだが、そこで出されるピンチョスは安くて美味い。ワインも同様だからたまげたものだ。(ただし店選びが肝心!)

少しグルメについて長くなってしまったが、サン・セバスチャンの一般に知られる顔は他にもある。

映画ファンの間では国際映画際の街として。毎年9月の開催時期になるとセレブが海外から招かれ、現地でも話題にのぼる。64回目となった2016年はイーサン・ホーク、ユアン・マクレガーなどがレッドカーペットを歩きファンを賑わせた。また日本から『君の名は』の上映につき、新海誠監督の姿も見えた。

音楽、特にジャズ好きであれば夏のジャズフェスティバルを思い浮かべるかもしれない。会場は海のすぐそばに設営され、聴きに来る人を選ばない。潮風を感じながら子供から大人まで一緒にジャズを楽しめる。2017年には52回目の開催となり、ジャズの街としても歴史がある。

サン・セバスチャンはスペイン北西の人口約18万人(2011年時点)と、ひとつの地方都市でありながらグルメ、映画、音楽といった文化に強く、話題に事欠かない。人を誘う魅力に溢れている。

そもそもサン・セバスチャンが街として発展するきっかけとなったのは19世紀末のこと。ときのスペイン王妃マリア・クリスティーナが海水浴を楽しむ避暑地に選んだことがきっかけとなった。それから1世紀以上を経、今では歴史と新しい文化が入り交じる、小さいが活気のある街としてヨーロッパ内で認識されている。

その新しい文化のひとつにサーフィンがあげられるだろう。

img_3508

サン・セバスチャンにはビーチが3つあり、メインのサーフポイントは一番北にあるスリオラビーチ。

「スペイン人サーファーからしてもサン・セバスチャンのスリオラはいいポイントだよ。波は常にあって、クオリティも高い。それに海から上がったらピンチョスも楽しめる。スペイン人は食べること、飲むことが大好きだからそれも込みで素晴らしい場所といえる(笑)。でも1つだけマイナス点がある。それはとても混み合っているということ。ヨーロッパで一番混んでいるサーフスポットのひとつではないかな」

そう教えてくれたのはサーフィンカメラマンのイケール。彼はサン・セバスチャンから少し離れた、ムンダカ(スペインを代表するサーフポイント)から30分ほどの海沿いに家を構える。そのイケールは、サン・セバスチャンで開催されるサーフフィルムに特化した「Surfilmfestibal」のオフィシャルカメラマンだ。それゆえサン・セバスチャンとの縁も強く、かつ客観的な視点を併せ持つ。

「サン・セバスチャンの特徴はサーフポイントと街が近いこと。街中でウエットスーツを着て、ボードを携え裸足で歩くサーファーを見ることは日常。そんな光景を目にできる場所は世界でも数少ないんじゃないかな? サン・セバスチャンのサーフ事情を語るときに街抜きでは話せないよ」

確かに「Surfilmfestibal」のフィルム上映はバルがひしめく旧市街にある映画館で行われる。映画鑑賞の前後、この街を有名たらしめるバルによらないわけがない。

この「Surfilmfestibal」だが毎年6月に開催され、2016年に14回目を迎えた。ヨーロッパで一番古いサーフフィルムの映画祭である。それも実はこの「Surfilmfestibal」とはサン・セバスチャン国際映画祭のエクストリームフィルム部門から派生したものなのだ。アイデアとしては14年以上前からあったといえる。

今ではサーフフィルムの映画祭は世界各地で行われ、アイデアの新しさからその場所ならではの個性を出すことにシフトしている。
しかし、“サーフフィルムだけに特化した映画祭”という発想が誕生したときは斬新で、それがサン・セバスチャンで生まれたのはすでにあった国際映画祭の存在、そしてその近くに波があったからなのだろう。

波と街、その街に根付いた文化。それがサン・セバスチャンでは繋がっている。

img_0590

イケールはサン・セバスチャンサーファーのライフスタイルを自分の暮らしと比べてこうみている。

「海、波しかないともいえる自分が住む場所。そことサン・セバスチャンのどちらがいいかと問われたら、サーフィンだけなら自分のところと答える。友達もいて、自分の家族もいる。しかし単身だろうが、家族とだろうが暮らしでみればサン・セバスチャンがよい場所であるのは間違いない。サーフィン以外の楽しみがたくさんあるから。身近なところでライブハウス(リニューアルしたダバダバ)や、映画祭、美術館。もちろんバル巡りも。
街から少し足を伸ばせばバスク文化が色濃く感じられる場所があり、ワインで有名なリオハも日帰り圏内。山登りも気軽に楽しめる。冬はピレネー山脈でスキーだ。遊びの選択肢がたくさん、それだけ家族サービスもたくさんだろうけど(笑)」

2016年は欧州文化首都でもあったサン・セバスチャン。歴史を大切にしながら新しいことに挑戦、取り入れようとする風潮、士気が街全体から感じられる。サン・セバスチャンの文化では新しいジャンルとはいえ、サーフィンをうずまく環境、シーンの変化は感じる。次はサン・セバスチャンのサーフカルチャーについて、もう少し掘り下げます。どうぞまだもう少し、サン・セバスチャンにお付き合いください。

サン・セバスチャンのサーフカルチャー

先ほどまでサン・セバスチャンのサーフカルチャーというより、サン・セバスチャンの街全体の魅力について書かせてもらった。「次はサン・セバスチャンのサーフカルチャーについて、もう少し掘り下げます」と〆たのだが、結論から言わせてもらえるなら…。
 
正直なところサン・セバスチャンのサーフカルチャーを掘り下げ、まとめるのは難題である。お手上げ、とは言いたくないがコレといった答えが出ない、というか見えづらい。

個人的な見解だけかもしれないが、たいていの場合サーファーが行く場所というのはある程度決まっている。それはどの国でもどのエリアでも共通していえることなのではないだろうかと推測。例えば海沿いに何軒かカフェがあるとする。その中でもサーファーが集まるカフェと、そうでないカフェというのは場所が隣同士でも存在しうる。つまり同じエリアに生息していても、遊び方が違えば行く場所が違う。サーファーの場合は特にそれが顕著だとみてきた。だから初めて行く土地でもサーファーが集まる場所というのは、サーファーたちが行き交って発生する“香り”があり、そこからスポットを見つけ出すことができる。例えサーフボードが店の前に立て掛けてあってもそれが本物か、ただの客寄せなのか感じられる人もいるはずで、そういうことである(もちろん、たまに間違えても)。

しかし、ここサン・セバスチャンの場合はそのサーファーたちが行き交うことで発せられる“香り”が非常に分かりづらい。サーファーがいないわけではない。むしろスペインを代表するサーフシティ(シティの中では街の規模はコンパクト)である。最近ではスリオラビーチのあるグロス地区にサーファー向けのゲストハウスもできた。

サーフショップにいけばサーファーがいるのはわかる。ではそれ以外にサーファーが集まる場所はどこなのだろう? 先述したように、サン・セバスチャンにはサーフィン以外にも家から外に出て行きたくなるような場所がたくさんある。むしろたくさんありすぎて散らばっているのだろうか?

サンセバスチャン、ゲストハウス

そこで初心に戻り、ローカルに聞いてみることにした。訪ねたのはサン・セバスチャンをはじめこのエリアを代表するPukasサーフショップ。オリジナルの板もあり年々規模を拡大させ、数ヶ月前にはインターナショナルブランドのHurleyと組んで新しく「サーフクラブ」もオープンさせた。ショップから今やひとつのサーフコミュニティを形成している。

「サーフカルチャー……。サーフというよりサン・セバスチャンにカルチャー自体はある。特別なもので映画祭、Jazzフェスティバル、日常ではバル巡り。サーフィンした後にバルで一杯やるのはサンセバらしく、ならではのカルチャーじゃない?」。そう言いながらオススメのバルまで教えてくれたイランツさん。その場にいたクラブ員のサーファーにまでオススメのバルを聞いたり、確かめたりして親切に答えてくれた。

確かにバル巡りはサン・セバスチャンの醍醐味で立派なカルチャー。しかしそれはすでに知られたもので、こちらはそこに“サーフ”をつけて何かいいたい。

サーファーおすすめバル

もう1軒、スリオラビーチの奥にあるパタゴニアストアを訪ねてみた。対応してくれたのはディエゴさんもこんな調子。
「サンセバでサーフカルチャーが感じられる場所…。そもそもサーフカルチャーがこの場所にあるかどうか、うまくいえないな。それを知るには実際に住んでみればいいじゃないか? ここはいい場所だよ」

掴みづらい答え。しかしときにその世界にいる人より、外側から見ている人の方がわかる場合がある。

そう信じて質問の内容を「サーファーがよく遊びに行く場所」と変えてみた。するとおもしろい会話の流れに。

「よく遊びに行ったり顔を出したりというのはダバダバ。ライブだけじゃなく、コーヒーを飲みに行くだけでもいい。行くと何かしら刺激があるから」。

このダバダバとはイケールさんも言っていたライブハウス。ただこのダバダバは複数の人の手で運営されているが、その中にサーファーは一人もいない。サーフポイントまで歩いて行ける距離にありながら。

それをディエゴさんに問うと「確かに言っていることは理解できる。自分も海外へサーフトリップをしてきてサーファーが行く、好むスポットがあるというのはわかる。それにサーファーとそれ以外の人たちが交わって遊ぶことはあるけど、頻繁ではないのも賛同できる。ただここサン・セバスチャンはバスクなんだ」

サンセバスチャンのパタゴニアスタッフ

バスク。

この言葉に枕詞をつけるなら“良くも悪くも”だろう。 

日本でも10年以上前に“バスクブーム”があったと聞いたことがある。バスクについて知識のある方も多いと思うが改めて説明すると、バスクとはビスケー湾沿い、ピレネー山脈の上下エリアから成っていたひとつの“国”であり、現在はその領土がスペインとフランスにまたがっている。それゆえフランスのことを北バスク、スペインのことを南バスクとよぶバスク人もいる。バスク人の歴史は古いとされ、先史時代から存在していたという説もあるが、今のところその起源はまだ解明されていない。しかしバスク人が現代社会まで存続しているのは確かで、昨今はむしろバスク意識が強く、パスポートはスペインでも「自分はバスク人だ」という人に出会うことは珍しくない。

自分たちの出自がはっきり分からないのに、何がそこまでバスク人としての意識を高めているのだろうか。それはバスク語の存在が大きいのだろう。バスク語とは基本アルファベットだが、読み方、文の構成は他のラテン語とは全くの別もの。それどころか我々の日本語に近い、というバスク人も多い。そのバスク語は公用語にもなっていて、サン・セバスチャンの街を歩くと標識がスペイン語とバスク語の両方で表記されていることからもよくわかるだろう。またバスク語で授業が行われる学校も多く、10歳以下のお子さんを持つ家庭ではスペイン語+バスク語で授業が行われる学校に通わせるのが主流のように思える。さらにプレスクールではバスク語のみの学校に通わせる親も。実際に去年の夏、バスク語しか(まだ)話せない3歳の男のコにサン・セバスチャンのスケートパークで会ったことがある。それは少し極端かもしれないが、それだけバスク人であることの誇り、民族意識は強い。

それはきっとサーファーにもあてはまるのだろう。ディエゴさんが言うようにサーファー以前にバスク人なのである。サン・セバスチャンのサーフカルチャーについて延べるなら、それ以前にバスクカルチャーを語らなければいけない。ベースは常にバスクカルチャーにある。しかしそのバスクについてもっと語るには莫大な文字数が必要となるのでここでは割愛させていただく。

ただこんな見方もある。「サーフカルチャー」と求めているものは既に頭の中で想定されたものであり、どこかで「サーフカルチャー」とはこういうものであるべき、という概念で固められてしまっているのかもしれない。

その概念に当てはまらないのでみえないと主張しているだけであり、もしかしたらバスクカルチャー、それもサーファーたちがその中にいるのだから、それがサン・セバスチャンの今のサーフカルチャーとなるのかもしれない。

そうなってくるとやはりバスクカルチャーをひも解きたくなってくるが、しかしこのテーマこそが難解で、政治に関わるデリケートな部分をも含んでくる。誰も本質や、本音については簡単に口を割らない。

 

Written by Michiko Nagashima
Tue, 10 January, 2017