Laid-back vol5 Scottish surf and whisky

Laid-back vol5 Scottish surf and whisky

 

グラスゴー中央駅は僕が想像したものよりずっと大きく、僕が期待したものよりずっと騒々しかったが、既に何杯かのウイスキーに揺られていた僕にとってはどちらもあまり気にならなかった。アイラ島へのフライトは3時間後。で、あるならば、坂を上ってまずは老舗パブ「ポットスティル」へ。タリスカー10年のオールドボトルをドラムでオーダーしつつ、スコットランドとサーフィンの関係について適当に、あくまで適当に、そして程よく散文的に考えてみる。

The Pot Still

スコットランドにもいくつかサーフィンのスポットが存在する。Machrihanish、Corldingham,そしてThurso サーフシーズンは4月~10月、しかしながら当然寒く、冷たい。でも、全く問題はない。なんと言っても世界最高のウイスキーがあるし、世界一不味いと言われているハギスもある。(僕はそこまで嫌いではないけれど)

サーフィンに戻ればO’Neill CWC (Cold Water Classic)という大会も開かれている。意外かもしれないが、スコットランドとサーフィンは想像よりも仲良しなのだ。もしかしたらスコットランドとイングランドよりも仲良しかもしれない。

スコットランド料理 ハギス

 

そしてScottish Surfing Federationももちろん存在する。僕は個人的にこの団体が好きだ。インスタグラムのフォローもしている。何故かというと、この連盟のアートディレクションがとても気に入っているからだ。押し出し過ぎず派手過ぎず。色使いも良いし、何よりデザイン全体が骨太でScottishの気概を感じている。(あくまで個人的にではあるが)

いつか、どんな形でも良いが、彼らと仕事がしてみたい。もちろんミーティングの前にはサーフィンをしてウィスキーを飲んで、そしてハギスをつまみながら。

Scottish Surfing

出典 Scottish Surfing Federation

 

Written by Tsuyoshi Tahara
Tue, 23 October, 2018

Viaggio Vol.5 Taghazout, MOROCCO [モロッコ、タガズート]

Viaggio Vol.5 Taghazout, MOROCCO [モロッコ、タガズート]

 

滞在中波が一度も訪れなかったバルセロナを離れ空路アフリカ大陸にあるモロッコへと向かった。ここはユーロサーファー憧れの地、海流の冷たい北大西洋を離れ、常夏の海を目指してヨーロッパ各国からサーファーが集まってくる。イスラム教を崇拝するこの国では食事の制限は厳しく、酒は愚か女も禁じられ、その余波は旅人にまで影響をおよぼす。豚肉は一切お目にかかれず、酒にも当然ありつけない。搾りたてのオレンジジュースがいたるところで売られ、タジン鍋とクスクスで日々空腹を満たしていた。

モロッコ料理とサーフトリップ

乾いた大地が広がる大陸北西部の街マラケシュへと僕は降り立った。ヨーロッパ大陸とはガラリと雰囲気が変わり、灼熱の太陽に照らされた赤茶けた土壁の建物がポツリポツリと姿を現した。海とは反対に進路を東に取り、険しい道のりのアトラス山脈を走破した。そして砂漠までの中継基地となるワルザザードに停泊することとなった。

サハラへ向かう道のり

無計画な旅の始まりは我々を内地サハラへと誘った。レンタカーを運転していると突然1人の男に引き止められ、窓越しに彼が声を掛けてきた。「俺をワルザザードまで連れてってくれ」「そうすれば砂漠に連れてってやるから」と… ありもしないこの奇妙な話に興味を持ち、悩んだあげくに彼の思いを叶えてあげることにした。

現地人のおもてなし

目的地に着くと彼は、彼の叔父を紹介してくれ、立派な建物の奥の奥の部屋に招き入れ、ミントティーで丁重におもてなしを受けた。簡単に自己紹介を済ませ話を続けていくと、驚くことにその叔父が砂漠までの道のりを案内してくれると言う。天候の良い日(砂嵐の少ない日)を選び、サハラ内部へと歩みを進める。激しく揺れる車内から眺める景色は砂、砂、砂。たまに見かける植物が奇跡の産物に思える。。。

モロッコ植物

モロッコの子供達

サハラ砂漠奥地

頼りになるローカルガイドのもと一行は半日ほどかけてサハラ砂漠奥地へとたどり着いた。現地に着くと僕は、すかさず持っていた板についたフィンをプラグを回して外し取り、デューン(英語で砂丘の意)を駆け上がって砂の波をサーフした。サンドウェーブが無限に広がるこのエリア一帯。砂のみで作られる陰影が美しい景色を作り、静寂に包まれた空間は、時折吹く風が砂を舞い上がらせ、かすかな音を奏でていた。単調でゆっくりとした時間が流れている。これは何百年前も何百年後も変わらず続いていくだろう… 今では薄れてしまったこのえも言われぬ心地よい感覚を、また蘇らせたいと思ってしまうほど僕にとっては特別な場所であった。

サハラ砂漠のデューン

タガズートのラクダ

サハラ砂漠を後にし、西の海岸線に向け僕はまた車を走らせた。モロッコ随一のサーフタウンであるアガディール北部にあるタガズート、サーフショップやスクールもあり思ったより発達している。ラクダに揺られ波チェックしていくと沖の方で僅かに波がブレイクしていた。

モロッコのサーフポイント

しばらくの滞在であったが、サイズは上がることなくモロッコの波を堪能することはできなかった。しかしながら食には恵まれ、海岸線ゆえに豊富な海産物が僕の欲求を満たしてくれた。

モロッコの料理その1

モロッコの料理その2

地中海から大西洋に出ても、結局波には恵まれなかったが、異文化に触れ、人の気持ちに揺れ、極地をも体験でき、貴重な話までも聞くことができた。砂漠を案内してくれた彼の叔父は時期が来ると織物を売るため遊牧の旅に出ているそうだ。あのサハラ砂漠をラクダに乗って…

モロッコ、タガズートの旅は続く

次回につづく

Written by Hideki Jumbo Sakakibara
Instagram : @jumbomax69
Wed, 10 October, 2018

Feature item vol.7 SUNGLASSES / サングラス

Feature item vol.7 SUNGLASSES / サングラス

 

皆さま、2018年の夏はいかがお過ごしでしょうか。

とにかく暑くマリンスポーツなどは絶好の機会かと思いますが、照りつける日差しが着実に体力を奪っていくので体調にはくれぐれもお気をつけください。

今回はそんな日差しをスマートに保護するおしゃれアイテム、夏の定番小物「サングラス」のご紹介です。
EURO SURF STYLEでは大好評のサーフブランド MOKEN VISION (モーケン ビジョン)のサングラスを取り扱っております。

MOKEN VISION (モーケン ビジョン)はフランス、オセゴーのサングラスブランド。5月に横浜赤レンガ倉庫で開催されたグルーンルームフェスティバル2018で日本初展開となりましたが、ブースに訪れた方々の注目を浴び、多くの方が購入されたサングラスになります。

屋外スポーツのシーンでも、街の中でもシーンを選ばないデザイン、機能性。そろそろ新しいサングラスを買おうと思っていた方にピッタリのブランドかと思います。

EURO SURF STYLEでしか取り扱いがなく、すでに売り切れ間近のアイテムを是非この機会にご覧になっていって下さい。

 

1.MOKEN VISION / モーケンビジョン
ENZO 13,000 yen (tax not included)

 

サーフブランドのサングラス

モーケンビジョンENZO

moken vision enzo

サングラス サーフスタイル

Item page >>

 

2.MOKEN VISION / モーケンビジョン
BAKER 13,000 yen (tax not included)

 

サーフブランド BAKER

モーケンビジョン BAKER

surf brand BAKER

moken vision BAKER

Item page >>

 

3.MOKEN VISION / モーケンビジョン
HEPBURN 13,000 yen (tax not included)

 

サーフブランド HEPBURN

モーケンビジョン HEPBURN

surf brand HEPBURN

moken vision HEPBURN

Item page >>

 

4.MOKEN VISION / モーケンビジョン
PURPLE HAZE 13,000 yen (tax not included)

 

サーフブランド PURPLE HAZE

モーケンビジョン PURPLE HAZE

surf brand PURPLE HAZE

moken vision PURPLE HAZE

Item page >>

 

いかがでしたでしょうか。
MOKEN VISIONのサングラスでヨーロッパのサーフスタイルをお楽しみ下さい。

その他にも、EURO SURF STYLEでは、< EURO SURF STYLE 2018 SPRING SUMMER COLLECTION >を展開中です。今回ご紹介したブランドだけではなく、こちらも新入荷のサングラスブランド、CHIPIRONのアイテムも販売中。さらにEURO SURF STYLE定番ブランドのFIRMAMENTOやPASSENGERからTシャツなどのアイテムを新入荷しております。是非、ご覧下さい。

それでは、まだまだ暑い2018年の夏を有意義にお過ごし下さい。
 

Written by Hiroyasu Kato
Mon, 06 August, 2018

Keep Paddling Vol.7 道

Keep Paddling Vol.7 道

 

最近、親(37歳)子(5歳)で空手を始めた。自分自身が小学生の頃少しやっていて、いつかまたやりたいなあという漠然とした思いと、子供が少し甘えん坊状態で男らしくせねば、という思いが重なり合っての行動であった。すると半年足らずで、一人称が「自分の名前」から「俺」になり、食べられなかったカレーライスを盛り盛り食べるようになり、師範にご指導いただくと相手の目を見て「押忍、恐縮です」ときちんと返答できるようになった。私自身も、今まで見て見ぬ振りをしてきた己の未熟さ・弱さを痛感し、謙虚になり心身ともに鍛えたいなと自発的意識が芽生えるようになった。人間的な「強さ」とは奥が深いなと。

柔道、剣道、空手道。「道」とつく名の武道は、とてもいい。礼儀が身につき、肉体的にはもちろん精神的に鍛錬を積み人間的成長を促してくれる。

なぜだろうと考えた。

そこにはきっと「歩み」の「積み重ね」があるからだろう。最初は何もなかった場所に、誰かが歩き始め、失敗し、知恵を絞って乗り越えてようやくでき始めるのが「道」。そこで感じたこと、うまくいったこと、苦労したこと。先人たちの英知が結晶となり、濃縮還元された技が引き継がれていく。だから、先人たちやその道を作ってきた全ての人へのリスペクトが生まれ、礼節を持って感謝をするのだろう。そして、また人に伝えていく。「道」は素晴らしい循環を生んでいる。

ヨーロッパサーフィン

少し前置きが長くなったが、同じような「道」的感覚が「サーフィン」と「ヨーロッパ」にも共通するなと強く感じたのがこのコラムの発火点である。

「サーファーへ 100の言葉(エイ出版)」に代表されるように、レジェンドサーファーたちの発する言葉は人生哲学そのものだ。

例:
「Flow with it, be part of it.(流れに身を委ね、その一部となる)」 ジェリー・ロペス
「乗るべき波を見逃してはいけない。その波は人生最後の波になるかもしれない」 アルビー・ファルゾン
「経験してみなきゃ何も分からない。頭で考えているだけじゃだめさ」 ジョン・ペック

外国人にどのように説明するか難しそうだが、仮に「サーフィン道」というものがあるとすれば、間違いなく「道場訓」として、書した言葉が同上に掲げられるであろう名言が散りばめられている。

そして、ヨーロッパの文化もまさに「道」そのものではないだろうか。長上を敬い積み重ねてきたもの・時間に対する美徳・そこに新しい感覚もしっかり重ねていく文化。建築、食、アート、どれをとっても魅力が奥深いのはアメリカやオーストラリアには絶対的にないだろう。どちらがよい悪い、いうことでない。それほど時間や歴史というのは普遍的で不可変的であるということである。

サーフトリップ

世界中で最も古い文明をそのまま伝えているのは「日本」だそうである。それはとても高貴なこと、だと。(引用:世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?山口周著:光文社新書)

大島紬、螺鈿細工、浮世絵、春画、神輿、森羅万象、八百万の神、多神教。
どれをとっても長く継承され、世界中から視点を変えて評価されてきた日本の伝統文化・思考。どのカテゴリーにも、想像を遥かに越える「道」があって今があるのだろう。

僕らが日本人として「サーフィン」と「ヨーロッパ」に惹かれる理由は、ごくごく自然なことなのかもしれない。

スケートとサーフィン

だから、僕らも少しでも多くの「道」を受け継ぎ、時には新しい未来につながる「道」を作っていきたいと改めて思う今日この頃であった。(ハイスタよろしく、Making the road。猪木&一休和尚よろしく、「この道を行けばどうなるものか〜〜〜〜〜〜迷わず行けよ!」)

押忍。

Keep Paddeling,

 

Written by Syunsuke Kimura
Tue, 31 July, 2018

From Europe Vol.7 Saudade of Portugal Surf, Lisbon

From Europe Vol.7 Saudade of Portugal Surf, Lisbon

 

「大航海時代に外国の門戸を開けた。今は自分たちが外国人に開放する番」

答えてくれたのは「Lisbon Crooks and Surfers」(リスボン クルックス アンド サーファーズ、以下リスボンクルックス)。リスボン中心地から少し離れた場所にLX factoryという昔の印刷工場をリノベーションした複合ショップ施設がある。小さなブランドや、味だけでなくインテリアにも気を使った飲食店が多く入居する、リスボンクリエイターたちの集合体。その施設の4階にリスボンクルックスはLX factoryができた当時からアトリエを構える。ハンドシェイプのオリジナルサーフボードや、オリジナルTシャツ、その他グッズなどを作りながらも「自分たちはブランドではない」という彼ら。ちなみにそのアトリエ内にはJumboさんの写真(by 330photo)が飾られていた。去年バルセロナで開催された「SURFCITY FESTIVAL」でブースが隣同士だったことが縁で知り合ったとのこと。Jumboさん、ヨーロッパの行く先々にこのお方の足跡があります。さて、話を戻すとリスボンクルックスのウェブサイト(http://www.lisboncrooksandsurfers.com)からもわかるが、彼らはリスボンエリアはもちろん、昨今のポルトガルサーフ事情をユーモアと風刺たっぷりに表現している。リスボンクルックスは疑問にこう対応してくれた。

リスボンクルックス

− ポルトガルサーファーについて

思ったよりポルトガル人サーファーを見ることができませんでしたが、あなたたちはウェブサイトでこう説明しています。
“In the last 5 years surfing as been growing in popularity not only as a sport but also as the lifestyle it represents”
(※出典 http://www.lisboncrooksandsurfers.com/surf-portugal/ )

そこでサーフィンが生活の一部になっているポルトガル人はどこにいますか? またポルトガルにサーフカルチャーはあるのでしょうか?

「サーフカルチャーはリスボンやポルトなど都市にあるといえるでしょう。(サーフタウンである)サグレス、エリセイラ、ペニシュの場合は、外国人がその一部を担っています。しかしポルトガル人サーファーの数は増えています。ただ私たちは他のスポーツも愛しています。例えばフットボール。私たちのサーフカルチャーは他の国のそれと違います。例をフランスにとるならポルトガルのサーフカルチャーはとても小さく、まだ日が浅い。そして私たちはサーファーである前にオーシャンラバーなのです」

オーシャンラバー

— 南西コースト(アルガーヴエリア)について

南西コーストでは北ヨーロッパナンバーをつけた大型車が多数停車し、彼らは旅行者というより居住者のよう。彼らによるヒッピーコミュニティが存在し、それはサーフカルチャーの1つのようにも思えましたが、ポルトガル人らによるものとは別物。それについてどう思いますか? “ウェルカム”なのでしょうか?

「AlgarveやAlentejo(アレンテージョ、Algarveとリスボンの間のエリア。ここも海岸沿いが自然保護地域になっている)といったエリアは70年代からすでにジャーマンヒッピーがいました。ポルトガルはすべての人を歓迎します。そして長く滞在しているサーファーの彼らはすでにローカルであり、同時に探検家として見なされます。ポルトガル人ローカルと外国人の間にはいいヴァイブスといいエネルギーがある。その理由は同じ目的を持っているから。自由に生き、波を楽しみ、人生に喜びを見いだし、味わうこと。40年前からバンで生活する人やキャンパーたちが到着し始めましたが、確かにここ3年ほどでその人口は増えています。それ自体はノープロブレムです。ただローカルへのリスペクトを忘れず、自分たちのゴミをちゃんと管理するのがベター」

アルガーヴ サーフ

— 外国人に対して寛容

フランスで生活している身からすると、ポルトガル人はとても外国人に対し親切でやさしいと思いました。ポルトガルの人たちは外国人を迎えることに慣れているのでしょうか?

「はい、一般的にポルトガル人はとてもホスピタリティがあり、フレンドリーです。私たちは大航海時代において、いろんな大陸にある諸外国へ最初に到達した人類です。日本にも1540年に到達しました。(今は逆に)全ての人がウェルカム。リスペクトの姿勢を示す限り、ポルトガル人と同じように扱われます。ポルトガルでは誰がどこから来たなど関係なく、訪れた人はみんなリラックスでき、安全で、そして快適に過ごせる国です。私たちポルトガル人はいつも外国に興味があり、そしてどうしてポルトガルに来ることを選んだのか、それが知りたいのです」

ポルトガル サーフィン

— ポルトガルの物作りについて

Made in Europeを掲げる小さなブランドが増えていますが、産地はポルトガルです。そのことからMade in Portugalの小さなブランドに会えることを期待していていましたが、あまり叶いませんでした。工場や技術はあるのに、ローカルブランドが少ないのはなぜでしょうか。そもそも意欲はあるのでしょうか? それともやりたくても難しい理由があるのでしょうか?

「ブランドを作るのは難しい。なぜならポルトガルには十分な資本金がなく、国内マーケットは小さい。だから(作ったとしても)ブランドの成長はあまり見込めません。しかし私たちは優秀な工場を北部にたくさん持っています。状況は今、現在で変わっている最中ともいえますが、私たちの国の経済事情は以前悪い状態のまま。そしてポルトガル人はお金を持っていたら、それはほぼおいしい食べ物とワインに消えてしまいます(笑)」

ポルトガル 料理

— ポルトガル人らしさ、生きがいとは

少ない機会ですがポルトガル人と接触するなかで、あなたたちはとても優しく、自己犠牲の精神を持ち、誠実だと思いました。スタイルやカルチャーは、その時代の風潮が大きく関わっていると思います。そこで、今のポルトガル人の人生観、生きがいを教えてください。例えばフランス人だったら「(どんな手を使おうが)そのときを楽しむこと」です。断然に!

「ポルトガル人の目的はいい人生を送ることです。グッドライフとは友達がいて、愛のある日常を送り、自分たちのしたいことをすること。家族はとても大切な要素の一つ。仕事もそうでお金を稼ぐことはハッピーですが、それ以上に時間の方が大切です。私たちは知っています。ポルトガル人が経済的に裕福になることはないということを。けれど、友情と愛情に満ちた生活を豊かなものとし、そう送れるように日々を過ごしています」

ポルトガル サッカーゴールと板

【答えてくれた人のサーファーとしてのプロフィール】

名前 :ALFREDO
サーフィン歴:30年以上。8歳でボディサーフィンをしたとき、波に恋してしまった。それ以来の付き合いになるけど、未だに学んでいるし毎回恋に落ちている。初めてのときのように。
最近の愛用ボード:浮かびさえすれば全てのボードが愛すべき存在。
海上がり、真っ先に食べたくなるもの:Salty kisses (原文回答ママ)

このやり取りのあと、リスボンで話したあるローカルサーファーのセリフが思い出された。「ポルトガル人はかなしさが大好き! もちろん楽しいことや嬉しいことも大好き。だけどかなしさが大好きなんだ! ファドを聞いて泣く。みんな泣くよ。そうやって自分たちが抱えているかなしさを放出するんだ」。

その内容をにわかには信じられず、その後に会った他の人に聞いたりもした。かなしいことが好きですか? とは聞けなかったが、ファドは実際に聞くサーファーはいた。そしてそれは女性より男性が多い、というか聞くと答えたのは男性のみだった。

ポルトガル サウダージ

総括。サウダージポルトガル

フランス・ビアリッツに戻ってきてからのこと。ここでポルトガルについて行ったことのあるサーファーと意見交換をした。すると彼女はポルトガルの魅力についてこう言った。「ポルトガルには自分の居場所があると思えた。以前ボルドーに住んでいたことがあったけど、そこで自分の居場所は見つけられなかった。同じフランスなのにも関わらず。でもそれがポルトガルではただのトリックなのに居場所を感じたの。不思議。それで好きになった」。

彼女の言葉には全面的に納得できる。他の人も同じ感想を持っている可能性が高い。だからポルトガルにハマってしまうのだろう。

自分の居場所を見つけやすいのは、ポルトガルが外国人に寛容な土地であるということが大きいと思うが、しかしときに“聞かれれば笑顔で応じるが、自分からは求めない”という他者に無関心な様子も受け取れた。またポルトガルにはどこか全体的に“将来の可能性へある程度の見切り”や“昔へのノスタルジー”というムードが漂っているとも感じた。リスボンや、リスボンから上のエリアへ行くと歴史的建造物、中には巨大で立派な世界遺産登録のものが突然現われる。大昔に築かれた栄華は今でも形に残されている。それが昔の栄華と現代の状況を自然と比較させ、ままならない現在に何かの感情を抱くことになるのか…。それはあくまでも妄想の範囲だが、言っている人も実際いるように、ポルトガルやポルトガル人がかなしい、哀愁のようなものを持っているのは感じた。サウダージ。

ポルトガルライフ

しかしそこには暗さがない。それは太陽のおかげかもしれない。空気も乾燥している。湿気を帯びているのは人だけだ。特に男性。ただし、それがポルトガルらしさと言えるのかもしれない。そのポルトガルらしさが今後サーフスタイル、カルチャーへともっとビジュアル化されるようになるとしたら、それは大変興味深い。

長く綴ってしまったが、これはあくまでも今回の旅から出た見解。ポルトガルが実際はどんなところかはみなさん各々が確かめてみてください。サーファーにとって波天国。損はしません。悪天候のときに旅をしてもそう思える希有なところ。ぜひ海沿いをクルマで駆け抜けてみてください。夏場は大混雑、それ以外の時期にも来る人は増え、確かにラッシュ状態のようですが、でもまだスペースは残されています。ポルトガルでは“自分の波”が見つかるはずです。

Written by Michiko Nagashima
Fri, 22 June, 2018