Viaggio Vol.3 GENOVA, ITALY [イタリア、ジェノバ]

Viaggio Vol.3 GENOVA, ITALY [イタリア、ジェノバ]

 

イタリアは全土が地中海の中にあり、外洋に面している海岸線は国土の中には一切存在しない。「俺たちの海はオーシャンではなく、シーだと」あるイタリア人サーファーは謙遜の意味を込めて言っていた。僕たちの国に例えて考えてみると、地中海は大きな日本海のような感じで、条件が整えばサーフィンができる波が立ち、そう長くは続かない。面積は断然日本海より大きいので、波に乗れる可能性は少しは高くなる。エピックコンディションになる日も数多くあり、あちこちのイタリアの波の写真を見るかぎり、外洋と変わらないくらいの迫力のある波がやってきていた。

湾岸都市ジェノバ

ミラノからレンタカーを借り、海に面している港湾都市ジェノバへと向かった。古くから貿易港として栄えてきたこの街を中心に、サーフポイントは各地に点在する。車で2時間の距離なので、ミラノから多くのサーファーがやってくる。ハイウェイをまっすぐ南へ下り、山間の曲がりくねった道を抜けると、その先に分かれ道がある。僕は無意識にハンドルを切り右に曲がった。ジェノバの西側のエリアに進み、辺りを探索してみようと思った。

イタリアのサービスエリア

途中サービスエリアで休憩を挟み、コーストラインをパトロールした。イタリアのサービスエリアは日本と違って面白い。高速をまたぐ陸橋の階上にレストランやカフェが作られ、上下線からともに階段を登りアクセスできる。もちろんエレベーターもあるが…。カフェでは本場の極上のエスプレッソやカプチーノが、わずか1ユーロちょっとで味わえ、レストランではイタリア料理や本格的なサラダバーが楽しめる。タワーブリッジ式の階上のレストランの座席からは、階下をまたぐハイウェイを駆け抜ける車列が一望できる。このようなサービスエリアの作りは、レース好きな国民性なのからなのか…。食事を終えカフェに寄り、お土産とコンビニの最終コーナーを周回しないと出口のチェッカーフラッグを受けられないのはご愛嬌。いつも何も買わず階段を下り、そそくさとハイウェイの本当のレース場に戻るのであった(笑)。

ジェノバへ向かう途中で食事

海岸線にたどり着くとハイウェイを下り、海が見える一般道を西進した。たまに見える海に波は無く、あってもごくわずかなインサイドのショアブレイクのみで、サーフィンするには少し物足りなかった。半ば諦めかけヨットハーバーのある岬の先端から海岸線を見渡すと、彼方に確かに白波が立っていた。よーく見るとそこにはサーファーらしき姿の物体が2,3いるように思えた。慌ててハンドルを握り、やってきた道を逆に向かい、サーファーがいるであろうその辺りを目指した。

屋根にサーフボードを積んだ車

到着するとそこには、屋根にサーフボードを積んだ車や、海に向かおうとしているサーファーが、僕の心を躍らせた。はやる気持ちを抑え、まずは駐車場所を確保し、海へと足早に歩いて向かった。そこには僕が求めていた波があった。小ぶりながら極上のブレイクをみせる波が…。

ローカルとミラノサーファー

トランクからウェットを取り出し、旅用のサーフボードにフィンを取り付け、久しぶりにワックスを塗るゴリゴリとした音に、高揚感を覚える。春先の海水はまだ冷たく、透き通る濃い青色の海に日本との違いを感じた。ラインナップには何名かのローカルとミラノサーファーが、僕は一番手前に陣取り、こぼれた波をテイクオフしていった。

ジェノバにてテイクオフ

綺麗にブレイクする三角波、夏は海水浴場となるこのビーチだが、沖合にはリーフの棚がありサーフィンに適した波が立つ。何本か乗っていると先人たちに声を掛けられ、僕をラインナップに加えてくれた。

フランクなローカルたち

たまにしか立たない貴重な波だが、ローカルたちは決して焦ってはいなかった。緩いリズムで波をシェアし、「Ciao!」と言って笑顔でその場を去っていった。こんな何気ないやり取りに気を良くして、ランチは海沿いのレストランで白ワインとシーフードグリルで豪華に締めくくった。

素晴らしいビーチ

地中海での初めてのサーフィンは、これ以上ないくらい最高の時間を僕に与えてくれた。そしてこの後このポイントに、足繁く通うのであった。。。

つづく

Written by Hideki Jumbo Sakakibara
Instagram : @jumbomax69
Mon, 14 May, 2018

Viaggio Vol.2 MILANO, ITALY [イタリア、ミラノ]

Viaggio Vol.2 MILANO, ITALY [イタリア、ミラノ]

 

僕のヨーロッパの旅はここイタリアミラノから始まった。プロとしてコンテストのキャリアを終えてから、サーフィンに直接関わりたくて、以前から興味があったウェットスーツのブランドを始めた。服飾デザインが隆盛するこの街では、見かける人それぞれに個性のあるスタイルの服を身に纏っていた。特に老齢の諸先輩方が取り入れる鮮やかな差し色のコーディネートが僕の目に留まった。それも日本の様式とはかなり違い、美しさや格好よさをともなう類のものであった。道行く人、公園のベンチで佇む人、カフェで談笑にふける人々、仲良くデートを楽しむカップル、休日に出掛ける家族。そのどれを取ってもこの法則は当てはまっていた。若くても歳を重ねても、決してお洒落に対しての遊びを忘れない彼らの心意気に、ひどく感銘を受けのであった。

ミラノコレクションを代表とする服飾に関してだけではなく、世界最大規模のインテリアの国際家具見本市(ミラノ・サローネ)も毎年春に行われており、デザインに関してのこだわりは群を抜いているように思える。イタリアは世界遺産の数も一番多い国で、これらすべてを考慮してヨーロッパ発の目的地として僕は選んだ。(ミラノ・サローネは現地に行ってから知りました…笑)

サーフィンに関しては、波の乏しい地中海ジェノバのポイントまで車で2時間とあまり恵まれているとは言えないが、近年都市部のサーファーの数は少しずつ増えてきている。オーストラリア、シドニー発のブランドDEUSのブランチショップもここミラノに居を構えている。

イタリアでのサーフィン

現地に入り、まずは歩いて市街へ散策に出掛けた。石造りの荘厳な建物に敷き詰められた石畳の歩道。街の雰囲気に合わせ革靴で軽快に闊歩するが、雨が降ると滑りやすく気取ってはいられない。旅行者ということもあり、不慣れな土地ではどうしても歩く距離は長くなる。僕が履いている狭く窮屈なイタリア風の革靴は容赦なく足を痛めつけ、以降登場の機会を自ら失っていった。郷に入っては郷に従ったつもりだったが、剛(石畳と革靴の硬さ)には全くもって歯が立たなかった。。。

この地に足を踏み入れ、まず僕が最初に思ったことは「いるだけで何ならカッコよくなったような気がする」周りを見回しても絵になる雰囲気のところが多く、そこにいる人々は総じてその風景に溶け込んでいた。いい波に乗ればサーフィンが上手くなったように感じるのと同様に、ミラノに来れば自分がカッコよくなったように感じるのは、強ち間違いではないようだ。

ミラノのサーフカルチャー

中心部に差し掛かると有名ブランド店が軒を連ね、建物はさらに強固にそして巨大になり、僕の想像をはるかに超えていった。広場を行き交う人々も多種多様。すべてを咀嚼するのにはかなりの時間を要するようになった。ややこしい書き方をしたが、要約するとカフェで休憩がてら、しばらく全体の景色を眺めていたのであった。

イタリア、ミラノのカフェにて

ミラノの食文化も非常に興味深い。朝カフェに入ると出来たてのクロワッサンと本場のカプチーノをカウンターで立って頬張る人々を見かけ、ランチになるとパスタ(生パスタ)に白ワインがサーバーから注がれ、2時間もある昼休みのひと時を優雅に過ごしていた。つかの間の休憩ではエスプレッソに砂糖を入れ一瞬にして流し込み、夜になるとまたワインでコース料理をみんなで賑やかく味わっていた。これらすべての郷にまたもや従ってみたが、どれもが趣深く、ローカルの刻む食のリズムや流れは完全に僕の心を掌握してしまった。以降気取ってこれらの習慣を日々真似ていた(笑)

話は本題(一応サーフィン)に戻るが、サーフボードを持ってミラノの街を歩いていると「何しにミラノに来たんだい」とか「サーフィンなんかできないぞ」とか多くの人に非難というか疑問の声を投げ掛けられた。ミラノではサーフィンはまだあまり一般的ではなく、一部のマニアの間で楽しまれているようだった。それでも車を飛ばし海へ向かうと、少しずつ潮(サーファー)の香りが漂ってくるのであった。。。

地中海の波を求めて

次回、波を求めて地中海へ

Written by Hideki Jumbo Sakakibara
Instagram : @jumbomax69
Fri, 06 April, 2018

Keep paddling Vol.6  鎌倉とヨーロッパ

Keep paddling Vol.6 鎌倉とヨーロッパ

 

鎌倉とヨーロッパ。

海、山、サーフィン、自然、歴史、食。
そして、それが織りなす空気感。そこに集まる人々の価値観。
何だかとても似ているなあ、と思い、今回のテーマにしようと思い立った。

その背景をチラホラと綴る。

約2年ほど前に、鎌倉に家族4人で越してきた。

よくある話ではあるが、30代も半ばを迎え、子供も小学生に差し掛かる。
不惑の40歳を迎える前に、幸福における価値観をある程度定め、この先の人生をどこでどのように過ごしていくか。

仕事と家族、そして自分。どうやってバランスをとろうか。
そんな大人の思春期に、色々悩んだ結果、鎌倉に移り住んだ。
理由はいくつかある。

鎌倉の海岸

 

まず、家族的な側面では、ベタではあるが、子育て環境。

自分を振り返ると、小学生の頃から、都内で団地・マンション暮らしが長く、コンクリートに囲まれ、遊び場が駐車場。逆過疎化減少で、小学校も1クラスで20人に満たない。学級崩壊も起きた。(悪そうなヤツは大体友達ではなかったが。笑)
その反動もあって、子供には、便利さの追求ではなく、自然と歴史と文化に囲まれながら、のびのびした環境で育ってほしいな、との思いが30年間あったのだ。

フランスのビアリッツやホセゴー、スペインのサンセバスチャンに住む子供を持つ親と話した時に、近しいことを言っていたのを記憶している。パリで子供を育てるのはクレイジーだと。笑

この写真のように、ビーチでの子供の躍動感、自然を遊び道具にする様子を見ると、それは間違いではなかったなと、つくづく思う。

鎌倉の海と子供達

鎌倉の自然

 

2つめは、とにもかくにもサーフィン。

都内でサーフィンを愛する家族持ちの方なら、誰しも経験がおありだと思うが、都内で千葉に通っているときは、出発前、帰宅後の家族への後ろめたさがどうしてもつきまとう。悪いことしてる訳じゃないのに、心からはしゃげないあの気持ち悪さ。
それを払拭したくて。そして、チャリで波乗りに行く、あのゆるい空気感に憧れて。
もちろんメローな波が多いし、フラットな日も多い。だけど、それも含めて生活の中にサーフィンがあることへの憧れを捨てることができなかった。
でも、捨てなくてよかった。

そして、何より、サーフィンの前後に当たり前にある「食」「ART」「ファッション・雑貨」「音楽」「まつり」。それらが街に根付いている感じが、とてもここちよかった。
例えば、イタリアで修行をした料理人の山崎兄弟が営むレストラン「べべ」。お兄さんがピザを、弟さんがチーズを作っていて、そのハーモニーは絶品。
そんな感じもヨーロッパの雰囲気にとても近しいなーと感慨にふける時がたまにある。
(もちろんこれはカルフォルニアやサンディエゴ、ハレイワ、バイロンベイ等にも存在する感覚だとは思うが)

鎌倉でのサーフィン

 

最後は、家族のルーツを大事にする感覚。

それがとても似ているな、と。代々伝わる家族の場所としての「街」、そこに伝わる伝統・文化をとても大事にする。何百年・何千年のヨーロッパ、1192つくろう鎌倉幕府から約800年ちょっとの鎌倉。(最近は開幕には諸説あるようだが)
これは開拓地であるアメリカやオーストラリアにはない感覚だろう。

幼少の頃はあまり意識したことがなかったが、母方の曾祖父・曾祖母の時代から、祖母・母親、そしてその親戚が今でも鎌倉に住んでいる。七里ケ浜、佐助、材木座。場所は少しずつ違えど、何だか妙な安心感がある。
うちの祖母なんかは、子供の頃、由比ケ浜海岸にて洗濯板で波乗りをしていたそうだ。なんてファンキーなばあちゃんなんだ!と感動したことがあった。笑

そんなルーツが血肉に染み込んでいるのか、やっぱり本能的に戻ってきた、という感覚が近しいかもしれない。家族がいつも鎌倉の素晴らしさを訥々と語っていたことを、ふと思い出す。

鎌倉の苔階段

鎌倉サンセット

 

鎌倉とヨーロッパ。

人々が過去を守りながらも、新たしさを受け入れ、更新し続ける場所。
微力ながら、僕もその一助になれたらと思う今日この頃です。

 

Keep paddling,

 

Written by Syunsuke Kimura
Tue, 20 March, 2018

Viaggio Vol.1 欧州歴訪

Viaggio Vol.1 欧州歴訪

 

ヨーロッパ、僕がサーフィンを始めて十数年
を経てたどり着いた場所。
ただ波に乗るだけの行為で満たされていた若い頃とは違い、その生い立ちや背景にあるものにも興味を抱くようになった時、ふいに目の前に訪れ、その機会を作ってくれた。

純粋にサーフィンのルーツをたどれば、ハワイ、カリフォルニア、オーストラリアといった場所がまず最初に挙げられる。当然僕の旅はここから始まった。

二十数年前に初めて海岸に打ち寄せる大きな波に押され、気づくとハワイの透きとおる波の表面を滑走していた。導かれるように南半球のオーストラリアに渡り、カリフォルニアのコーストラインをキャンピングカーで縦断したりもした。

波に乗ることと旅に出ることの完全な虜となり、渡航先はさらに増える一方。こんな最高な時間がひとしきり過ぎた頃だった。興味の対象は海から眺められた大自然の素晴らしさから、そこに暮らす人々の営みへと移っていった。

自然が織りなす風景だけではなく、人間が労力を積み重ねてきた物事に対する価値が、とてつもなく大きいものであるように思えた。人類の叡智を結集し、世代を越え年月を費やして築かれるものに、しだいに僕の心は惹かれていった。自身の年齢やサーフィンのキャリアも伴って…

ヨーロッパ歴訪

 

そこで目の前に現れたのがヨーロッパ大陸であった。アメリカもオーストラリアも欧州からの移民で成り立っている。いくらサーフィン先進国とはいえその歴史は浅い。それに対しヨーロッパ諸国は、幾たびも国境を変え、数々の歴史を作り上げてきている。
背景にある重厚な建造物が重ねた年月の深さを如実に物語っている。
長い歴史のある国々で形成されるサーフカルチャーとは一体どんなものなのか?
その疑問の答えを探すべく僕のヨーロッパ歴訪の旅は始まった。

つづく

欧州歴訪

Written by Hideki Jumbo Sakakibara
Fri, 09 March, 2018

Feature item vol.5 ACCESSORIES / ファッション雑貨

Feature item vol.5 ACCESSORIES / ファッション雑貨

 

サーフスタイルを愛する皆さま、新年あけましておめでとうございます。
本年もEURO SURF STYLEをどうぞよろしくお願い致します。

そして、今年もまた皆さまにとって良いサーフィンライフを送れることを願っています。

そうこうしているうちに、2018年、早くも1月が終わろうとしております。
ユーロサーフスタイルでは今年も新ブランドの入荷、2018年春夏コレクション、イベント出展など様々な展開をしていきます。

今後も、大人が着こなす落ち着いた欧州のサーフスタイルをご紹介していきますので、どうぞご期待下さい。アイテムのご紹介も定期的にお送りしますので、サーフコーデをする際にチェックしてみてください。

さて、今回はサーフファッション雑貨のご紹介です。

キャップ、ニット帽、ソックス、トートバッグなど、サーフブランドの様々な雑貨を取り扱っております。大人サーフスタイルがお好きな方はもちろんですが、2018年からサーフスタイルに挑戦したい方にもおすすめです。大人カジュアルにさりげないアクセントとしてサーフ要素を足してみてはいかがでしょうか。

 

1.DESILLUSION/デシリュージョン
Time to say Goodbye 13,000 yen

花のワッペンがついた、サイズ調整可能なキャップ。後ろには「THE DEATH OF COOL」も文字が入っている。

 

DESILLUSIONのキャップ

Item page >>

 

2.PASSENGER/パッセンジャー
Waffalofagus 6,200 yen

ボリュームある編み地のシンプルなニット帽。残り1個。

 

サーフブランドのニット帽

Item page >>

 

3.PASSENGER/パッセンジャー
Saturday Vibes 6,200 yen

細かな編み地のシンプルニット帽 。残り1個。

 

サーフファッションのニット帽

Item page >>

 

4.PLEASANT/プレザント
PLEASANT SHORT SOCKS 1,200 yen

PLEASANTの文字が入った、コットン100%のソックス。

 

サーフブランドのソックス

Item page >>

 

5.SURF LIQUOR/サーフリカー
TRAVEL / Tote Bag 9,800 yen

大容量のトートバッグ、小旅行用に。

 

サーフブランドのトートバッグ

Item page >>

 

6.FIRMAMENTO/フィルマメント
TOTE BAG 6,800 yen

人気のトートバッグ。サーフィン時やタウンユースとして。

 

サーフファッション雑貨

Item page >>

 

いかがでしたでしょうか。

只今ユーロサーフスタイルでは< EURO SURF STYLE 2018 SPRING SUMMER COLLECTION >の展開準備中です。ますます盛り上がりをみせる欧州のサーフブランドの新商品をどうぞご期待下さい。

2018年も、欧州のサーフスタイルでスマートにお過ごしください。

 

Written by Hiroyasu Kato
Mon, 29 January, 2018